大阪各地で「新線建設ラッシュ」――注目株「なにわ筋線」に加えて「60年越し」の阪急新大阪乗り入れも!

都市商業研究所
南海特急ラピート

関空への足としてお馴染みの南海特急ラピート(南海なんば駅)。なにわ筋線の開業後は、この「関空への足」も大きく変化することになる

 前回記事で2005年に開催予定の「大阪万博」会場である夢洲へと直接アクセスすることが期待される「大阪メトロ中央線」、「JR桜島線(ゆめ咲線)」、「京阪中之島線」各線の延伸計画について、その概要と実現可能性について述べた。  大阪市中心部では2008年に「京阪中之島線」が、2009年に「阪神なんば線」が開通。このほか郊外エリアではJRの貨物専用線を旅客線化した「JRおおさか東線」(2008年一部開通)の延伸工事が2019年から2023年にかけて順次完成、北大阪急行でも北伸工事が進むなど、ここ10年ほどの間に公共交通網の整備が大きく進みつつある。  大阪ではこれ以降にも大阪万博後の2030年ごろの整備が期待されている鉄道路線がいくつかある。一体どういった路線なのか、そして万博需要を見越した「開通前倒し」の可能性はあるのだろうか。
次のページ 
キタとミナミを結ぶ「新たな大動脈」が!
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right