元・阪神の葛城育郎が明かす「イチロー、金本らレジェントから学んだこと」【アスリートのセカンドキャリア考察】

「スキマ産業のような選手でした」と自身のキャリアを振り返る葛城

 葛城育郎が8年間ホームグラウンドとして過ごした甲子園球場から3駅。阪神「西宮駅」からほど近くに、葛城がオーナー店長を務める「酒美鶏 葛城」が見えてくる。  店内にまず入り驚くのが、野球選手が経営する飲食店の有りがちなサインや野球用品が一切ないことだ。  そればかりか、「ユニホーム姿での入店お断り」との張り紙もしてあり、一見すると元・野球選手のお店とはわからない。葛城にその理由を聞くと、「だってお客様の立場からすると嫌じゃないですか、野球関係者ばかり集まるお店って。僕も現役時代、そういうお店は入りにくかったので」とマイペースな口調で答えてくれた。  現役時代と『ウォォォー』のヒーローインタビューで人気を博した葛城に、球史に残るレジェンド達とのやり取りについて回想してもらった。
次のページ 
プロになるという意識は希薄だった大学時代
1
2
3
4
5
6
関連記事