プランタン銀座閉店!「フランス系デパート」歴史に幕――跡地はどうなる?

営業最終日を迎えたプランタン銀座

 暮れも押し詰まった2016年12月31日の午後4時過ぎ、銀座の歴史に華を添えた店舗がまた1つ姿を消した。

「都内で唯一のフランス系デパート」として長年親しまれた銀座三丁目の百貨店「プランタン銀座」が32年の歴史に幕を下ろしたのだ。

かつてはフランスの大手百貨店とダイエーの合弁だった

 プランタン百貨店は、1981年に当時の国内小売業最大手であった「ダイエー」の手により、フランスの大手百貨店「オ・プランタン」のフランチャイズ百貨店として日本上陸を果たした。このとき開業した日本1号店の「プランタン三宮」は、現在スーパーマーケット「ダイエー神戸三宮店」、ファッションビル「三宮オーパ」として営業している。

パリを代表する百貨店「オ・プランタン」

「プランタン銀座」は1984年4月にプランタン百貨店の日本4号店として開店。建物は地下2階、地上7階、売場面積は22,212㎡で、読売新聞社が保有する「読売銀座ビル」への出店だった。その後、プランタン百貨店は1993年に開店した「プランタン甲子園」(ダイエーを経て現在はイオン甲子園店)まで日本に8店舗を展開するが、銀座店を除きいずれも2000年までに「プランタン百貨店」としては閉店。現在はその多くがダイエーやイオンが運営するスーパーマーケットとなっている。

次のページ 
フランス流の高級百貨店からカジュアル百貨店へ

1
2
3
4
5
6
4
5
関連記事
6
7