「イプシロン」ロケット2号機、打ち上げ成功!「ガンプラ」を目指す日本の固体ロケット

さらに進化するイプシロン、新興国の衛星打ち上げで国際貢献も視野

打ち上げ直前のイプシロン・ロケット2号機(撮影: 渡部韻)

 イプシロンの3号機では経済産業省が開発した地球観測衛星「ASNARO-2」を打ち上げる。この3号機をもって強化型イプシロンの開発は完了となり、続いて開発中の「H3」ロケットとの部品の共通化を図った、シナジー・イプシロンの開発が始まる。シナジーとは相乗効果という意味で、H3ロケットの開発成果がイプシロンにも、逆にイプシロンの開発成果がH3にも役立つという相乗効果を狙ったものである。開発が成功すれば、イプシロンのコストはさらに下がると期待されている。

 このシナジー・イプシロンの開発と並行し、現行の強化型イプシロンは、1年に1機ほどのペースで運用が行われる予定となっている。この1年に1機というのは、主にJAXAが計画している衛星、たとえば今回の「ひさき」のような宇宙の科学を探査する小型衛星や、新しい技術の実証を行う小型衛星などが、おおむね1年に1機ほど新しく開発されるためで、逆に言えばそれ以外の打ち上げ予定はない。

 しかし、イプシロンの信頼性を上げ、コストを下げるためには、より多くの打ち上げ機会を確保することが必要になる。もちろんJAXAもその点は認識しており、いずれは国内外から、商業打ち上げの受注を取りたいという考えを見せている。森田プロマネは「打ち上げ数や成功率が重要となるが、個人的には10機が連続成功したあたりで、イプシロンの運用を民間企業に移管し、商業販売する、という話ができると思います」と語る。

 イプシロンによる商業打ち上げが始まった際、そのターゲットの一つとなりうるのが新興国である。人工衛星を使った土地や農作物の観測、国境監視、あるいは通信といった技術は、多くの新興国が欲しているものの、彼らの多くはロケットや人工衛星を開発する技術をもっていない。そこにイプシロンを――場合によっては日本製の人工衛星とセットで――売り込めるのでは、と考えられているのである。イプシロンや衛星メーカーにとってはビジネスになり、また日本にとっては国際貢献にもなる。

 地球観測や通信に使う衛星は、小型のもので十分で、その質量は300kgから600kgほどと、イプシロンの打ち上げ能力にちょうど合致する。

次ページイプシロンは商業打ち上げを取れるか


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由