「イプシロン」ロケット2号機、打ち上げ成功!「ガンプラ」を目指す日本の固体ロケット

「究極の固体ロケット」をもっていた日本

「究極の固体ロケット」とも呼ばれたM-Vロケット。2006年に惜しまれながら引退した Image Credit: JAXA

 イプシロンはJAXAとIHIエアロスペースが開発したロケットで、全長約26mで、ビルの9階ほどの高さに相当する。ロケットとしては小型で、最大で約1.5トンの人工衛星を打ち上げられる能力をもっている。

 イプシロンの特長の一つは、固体燃料を使っているということにある。固体燃料とは文字どおり固い材質をした燃料のことで、花火などで使われる火薬も固体燃料の一種ではあるが、ロケットに使われる固体燃料は火薬とは組成が違い、はるかに高い性能が出せるようになっている。

 固体燃料と対となるものに液体燃料があり、どちらにも長所と短所がある。詳細は省くが、たとえば固体燃料は大きな推力(パワー)が出せる反面、その推力の制御ができず、一旦火をつけると燃料がなくなるまで燃え続ける。一方液体燃料は固体ほど大きな推力は出せないが、燃費が良く、推力の量を変えたりや、エンジンを途中で止めたりといった制御も可能である。

 ロケットの目的や大きさなどによってどちらを使うべきかは変わるし、もちろん双方を一つのロケットに組み込むこともでき、たとえば日本のH-IIAロケットなどは、パワーが必要な段階では固体燃料に頼り、燃費が必要な段階になると液体燃料に頼る、といった使い方をしている。

 かつて日本には、「M-V」という固体のロケットがあった。M-Vは固体燃料を使うロケットとしては最高の効率を発揮できたことから、「究極の固体ロケット」とも呼ばれていた。

 しかし、その高い性能と引き返えに、コストは他国の似た性能のロケットと比べて高く、また予算の少ない日本の宇宙開発にとって、その高いコストが足かせとなりつつあった。低コスト化の検討もされたが、最終的に2006年をもってM-Vは引退することになった。

 だが、それで日本の固体ロケットの技術が途絶えたわけではなく、2010年から後継機となる新しい固体ロケットの開発が始まった。それがイプシロンである。

次ページ値段も、使いやすさの究極を目指す「イプシロン」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由