「イプシロン」ロケット2号機、打ち上げ成功!「ガンプラ」を目指す日本の固体ロケット

性能向上ながらお値段据え置き、「強化型イプシロン」となった2号機

試験機(1号機)と、今回打ち上げられた強化型(2号機)との違い Image Credit: JAXA

 イプシロンの1号機は2013年9月に打ち上げられ、実に3年ぶりに2号機が打ち上げられることになった。しかしこの3年間、何も行われていなかったわけではなく、さらなる改良が続けられていた。

 1号機はあくまで試験機であり、前述の打ち上げシステムの改革のうち、運用や設備といった部分の開発が中心で、機体そのものはあまり新しいところはなかったが、今回の2号機でいよいよ機体にも大きくメスが入れられた。この2号機以降の機体のことを「強化型イプシロン」と呼ぶ。

 一番大きく変わったのは第2段機体で、1号機ではM-Vロケットから流用した機体をほぼそのまま使っていたが、強化型ではより大型化した新しい機体が開発された。これにより打ち上げられる衛星の質量(重さ)が増え、地球を観測する衛星がよく打ち上げられる太陽同期軌道という軌道に対して、450kgから590kgへと増えた。

 また同時に衛星を搭載する部分も広くなったことで、小型衛星の中でも大きめの衛星も打ち上げられるようになった。

 その他にも、機体の構造に軽い材料を使い、形もシンプルにしたり、絶対・確実が要求されるような電子部品にも大胆に手が加えられるなど、小型・軽量化が図られている。

 さらに、打ち上げ能力が約30%も増えたにもかかわらず、打ち上げコストは1号機とほぼ同じ約50億円に収まっているという。また将来的には、前述したノート・パソコンでの打ち上げなどを実現させることで、30億円にまで下げたいとしている。

次ページさらに進化するイプシロン


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由