外交的な人がプレゼン上手とは限らない! 内向的だからこそ高められるプレゼンスキル

たった2分でアンカリング力を高める!

 その演習とは、例えば、ABC製菓の担当者が、同社が新発売したチョコレート製品についてプレゼンテーションするとしよう。その前提で、2人一組になり、聞き手が話し手に、「この商品は何ですか?」と聞き、話し手が、「これは○○です」と答える。話し手が答えると、また、聞き手は「この商品は何ですか?」と聞き、聞き手が別の答えをする。これを繰り返していくものだ。  時間は2分間で、聞き手は、話し手が何回答えることができたかということと、「なるほど」と思った答えを、ポストイットにメモをしながら聞く演習だ。2人一組で聞き手が矢継ぎ早に質問をして、プレッシャーをかけながら実施した方が効果は高い。しかし、相手がいなければ、自問自答して行うことでも、相当程度の効果が期待できる。  ひとつの実例を挙げると、次のようになる。 ⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=100523 実例
次のページ 
内なる声に耳を傾ける人こそ、アンカリング上手
1
2
3
4
チームを動かすファシリテーションのドリル

「1日1分30日」のセルフトレーニングで、会議をうまく誘導し、部下のモチベーションを自然にあげられる!

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right