実は巨大出版社だった「デアゴスティーニ」の堅実すぎる事業モデルとは?

DeAGOSTINI

DeAGOSTINI公式HP

「創刊号は特別価格●●●円~デアゴスティーニ♪」でお馴染み

「週刊◯◯◯創刊~創刊号は特別価格●●●円~デアゴスティーニ♪」のTVCMでお馴染み、デアゴスティーニ・ジャパンは、イタリアのデアゴスティーニ社の日本法人です。なお、その起源は、世界地図の普及を目的にイタリアの地理学者ジョバンニ・デ・アゴスティーニ(Giovanni De Agostini)が1901年に設立した地図研究所なので「ディア」ゴスティーニではありません。

 同社の代名詞とも言える、分冊百科やパートワークと呼ばれる形式が登場したのは1959年「イル・ミリオーネ(100万の意味、かのマルコポーロにも由来)」という毎号32頁×312号の地理辞典でした。ちなみに、本来分冊百科とは文字通り、分冊形式の出版物として、百科事典等への完成を見るものですが、現在では、歴史や科学など特定のテーマに絞ったものが主流となっています。

1988年の日本進出第1号は「週刊エアクラフト」

 その後は同形式での趣味・実益などの解説書を中心に事業を拡大、現在では特定の映像作品を題材にしたDVDコレクションなどサブカルチャー領域も大きく取り扱っており、地域としても、イタリア総本社を中心に世界33ヶ国に進出、デアゴスティーニ・グループを形成しています。

 日本市場への進出は1988年、飛行機ファンのための「週刊エアクラフト」が第一号で、その後の1994年には「隔週刊クラシック・コレクション」が創刊号180万部、トータル1600万部を売上げる大ヒットを記録するなど、市場を形成しました。

 なお、各タイトルの企画は、日本ならばデアゴスティーニ・ジャパンが独自にほぼ立案・発刊するという感じで、各国ごとの運営が行われており、総本社またはインターナショナル本社(イギリス)からのオーダーというものは基本的にあまりないようです。

次ページ誰もが思ったことがある?「いったい誰が買ってるんだろう?」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由