イーロン・マスクは立ち止まらない!――スペースXが挑む試練と挑戦の2017年

三兎も四兎も追うスペースX

 これらに加え、4000機以上の小型衛星を使った宇宙インターネットや、火星移民船の研究・開発も続く。  二兎を追う者は一兎をも得ず、ということわざがある。昨年9月の事故は、高い性能と低コストという二兎を、焦って追ったがゆえの失敗だったといえるかもしれない。しかし、二兎どころか三兎も四兎も得たいと思ったなら、ためらわずにそのすべてを追いかけ続けるしかない。  もしスペースXが、この試練と挑戦が続く2017年を乗り切れば、ことわざ辞典が書き換わるだけにとどまらず、宇宙開発と私たちの生活も大きく変わることになるだろう。 <文/鳥嶋真也> とりしま・しんや●作家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関するニュースや論考などを書いている。近著に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)。 Webサイト: http://kosmograd.info/ Twitter: @Kosmograd_Info 【参考】 ・Falcon Heavy | SpaceX(http://www.spacex.com/falcon-heavy) ・Launch Manifest | SpaceX(http://www.spacex.com/missions) ・Dragon Version 2: SpaceX’s Next Generation Manned Spacecraft | SpaceX(http://www.spacex.com/news/2014/05/30/dragon-v2-spacexs-next-generation-manned-spacecraft) ・SpaceXさんのツイート: “Prepping to fly again – recovered CRS-8 first stage completed a static fire test at our McGregor, TX rocket development facility last week. https://t.co/QEtKVJ1Jhc”(https://twitter.com/SpaceX/status/826598817864761344
宇宙開発評論家。宇宙作家クラブ会員。国内外の宇宙開発に関する取材、ニュース記事や論考の執筆などを行っている。新聞やテレビ、ラジオでの解説も多数。 著書に『イーロン・マスク』(共著、洋泉社)があるほか、月刊『軍事研究』誌などでも記事を執筆。 Webサイト: КОСМОГРАД Twitter: @Kosmograd_Info
1
2
3
4
5
イーロン・マスク

世界で最も注目される起業家の成功哲学を明らかにするビジュアルムック

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right