イーロン・マスクは立ち止まらない!――スペースXが挑む試練と挑戦の2017年

有人宇宙船の無人での初飛行

有人宇宙船「ドラゴン2」の想像図 Image Credit: SpaceX

 さらに同社は今年、有人宇宙船「ドラゴン2」の無人での初打ち上げも計画している。  スペースXはすでに「ドラゴン」という無人補給船を運用し、地球と国際宇宙ステーションとの間の物資輸送に使っているが、それをもとにして、人が乗れる宇宙船として開発されたのがドラゴン2である。ドラゴン2は最大7人の宇宙飛行士が搭乗でき、国際宇宙ステーションとの往復はもちろん、月や火星への飛行にも使えるという。  最大の特長は、着陸時にパラシュートを使わず(緊急用のパラシュートは装備する)、側面に装着した小型ロケット・エンジンを逆噴射しながら、陸地の狙った場所に正確に着陸することができることにある。イーロン・マスク氏は「太陽系のどこでも正確に着陸できる」と豪語する。また、このエンジンは、打ち上げ時の脱出ロケットとしての機能も兼ねている。  ドラゴン2は2014年にお披露目され、2015年には発射台から脱出する試験を、2016年にはエンジンを噴射しながら、ヘリコプターのように空中で静止する試験にも成功している。  現時点で、この無人の試験飛行は今年の秋ごろに予定されている。この試験飛行では、無人のドラゴン2を国際宇宙ステーションにドッキングさせ、さらに帰還させるところまで試験する。今後、開発が順調に進み、そしてこの試験が成功すれば、2018年からいよいよ実際に宇宙飛行士を乗せ、国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられることになる。
次のページ 
三兎も四兎も追うスペースX
1
2
3
4
5
イーロン・マスク

世界で最も注目される起業家の成功哲学を明らかにするビジュアルムック

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right