効果的な集客方法が「ヒットアプリ」を作る!――シリーズ【文系リーマンでもできる!iPhoneアプリ開発で週末副業・集客編】

 初心者でも始められるiPhoneアプリの作り方を紹介してきていますが、今回は集客(マーケティング)編です。  世の中のiPhoneアプリはごまんと存在し、アプリストアで見つけてもらうことがとても大変でしょう。どれだけ良いもの、面白いものを作っても認知されなければなかなか利用者は増えません。(ちなみに2016年6月のAppleのイベントでは、App Storeのアプリ数が200万本を超えたと発表しています。)  どのようなビジネスにもマーケティングによる販売促進などが裏で成功を支えています。今回は、そんな集客にスポットライトを当てて、紹介します。  そこでどうやって集客すれば良いか、実際にうまくいった事例も踏まえながら理解していきましょう。  今回解説するのは以下の4つのポイントです。 ・オフライン広告 ・オンライン広告 ・ASO(App Store Optimizationとは) ・集客の成功事例
次のページ 
資金が必要だが効果は絶大な「オフライン広告」
1
2
3
4
5
【文/TechAcademyマガジン】Education×Technology「EdTech(エドテック)」を切り口に、IT教育、ITスクール、プログラミング学習などの最新教育トレンド、関連情報を紹介するWebメディア。未経験でも最短4週間でiPhoneアプリ開発やプログラミングのスキルを身につけることができるオンライン完結型のプログラミングスクール「TechAcademy」も運営している。


全8回の目次

1.知識編:iPhoneアプリの全体像
2.事前準備編:必要なアプリのインストール方法
3.コーディング編:Swiftを書いてみよう
4.デザイン編:UI/UXデザインとは/なぜデザインが重要なのか
5.実践編:実際にアプリを作ってみよう
6.企画編:アプリの企画からリリースまでの流れ
7.マネタイズ編:収益を上げる3つの方法
8.集客編:より多くの人にアプリを使ってもらうために


PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right