広まるアメリカとメキシコの溝。NAFTA決裂はアメリカの首も絞める!

すでにある米墨国境の「壁」 photo by Wonderlane via flickr(CC BY 2.0)

 トランプ大統領は1月25日、選挙公約の一つメキシコとの国境に壁を建設する大統領令に署名した。米国とメキシコの国境3200㎞余りに壁を建設して不法移民の米国への入国を防ぐというものである。凡そ1100㎞余りの壁は既に存在している。残り2000㎞の壁を建設するとした大統領令である。

 その建設費用は140億~200億ドル(1兆6000億円~2兆3000億円)と概算されているが、250億ドル(2兆8000億円)という予測もある。(参照:「El Pais」、「Magnet」)

 トランプ大統領はこの費用を先に米国が議会の承認を得て負担するが、その後、いずれかの方法にてメキシコ政府が「100%」その費用を負担するものだと断言している。

 それに対して、メキシコのペーニャ・ニエト大統領は「数年前から存在する(壁によって)両国が結びつくのではなく、分断させられている壁の建設の継続を米国が決定したことに対し、我々は遺憾に感じ、またそれに賛同しない。メキシコは壁の存在(意義)を見出せないのである。それを何度も繰り返し主張して来た。メキシコはどのような壁に対しても支払うことはしない」とトランプが大統領令に署名してから即座に公言した。(参照:「Sin Embargo」)

次のページ 
驚愕のトランプ式壁費用徴収策

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7