数年前までは草むらで公式試合を行っていたフィリピンサッカー、人気低迷続く中プロリーグの再建を目指す

日本人オーナー率いるフィリピンのサッカーチーム「JPヴォルテス」

 フィリピンでスポーツといえば、バスケットボールが圧倒的人気を誇るが、サッカーも徐々に人気を伸ばしてきている。
 サッカー人口もアマチュアレベルでは徐々に増えつつあり、一般の人に開放されているオープンプレイ(日本で言う個サル的な類)も昨年に比べると非常にたくさんの人が集まりサッカーが盛んになってきていると感じる。最近ではアマチュアの男女を対象としたトレーニング教室やクラブなんかも人気が出始めており、先日Fox Sports Asiaという番組でも特集されたほどだ。
 4-5年前までは、でこぼこの土のグランドであったり、整備のされていない芝なのか雑草の集合体なのか分からないようなところでのサッカーの試合を行わなければならなかった。

 これはアマチュアもプロも同じ状況で、そのような環境で試合も練習も行われていた。しかし今となっては公式サイズではないものもあるものの、人工芝のスタジアムの建設が続々と進み、日本と大して変わらない環境でサッカーができるまでに改善された。今年フィリピンとミャンマーで共同開催されたスズキカップでは、フィリピンはタイ、シンガポール、インドネシアを自国に招き国際試合を行っている。

次のページ 
国際大会のホストを務めるまでに成長
1
2
3
4
5
6
4
5
関連記事
6
7