たこ焼き・串かつが世界に羽ばたく!? 和のファストフードのIPO企業

丹羽唯一朗

photo by yehnick via pixabay(CC0 PublicDomain)

 たこ焼きの「築地銀だこ」などを展開する「ホットランド」がマザーズ市場に新規株式公開(IPO)したのが、2014年9月30日。その時から2年経過し、2016年9月14日、「串カツ田中」が同じくマザーズ市場にIPOを果たした。

 たこ焼きの「ホットランド」の設立は1991年6月と、社歴は23年。一方、「串カツ田中」の設立は2006年12月で、社歴は10年である。

 ホットランドは群馬県で創業し現在の本社は東京、串カツ田中も「大阪伝統の味」を掲げつつも世田谷区で創業し、ほとんどの店舗が関東にある企業ではあるものの、「たこ焼き」と「串かつ」という大阪を代表する人気メニューを取り扱う企業が、ここ数年の間にIPOを果たしたことは興味深い。

次のページ 
「ホットランド」と「串カツ田中」の強み

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7