海外で話題沸騰中のニーチェ本にみる、日本の教育政策の危うさ

Public Domain

 5月10日の会見で、馳文科相が打ち出した“脱ゆとり宣言”が話題を呼んだ。毎日新聞の記事(5月10日 配信)によると、討論や体験などを通じて課題に取り組む「アクティブ・ラーニング」の全面導入に対して、「ゆとり教育の復活なのではないか」と懸念する一部教育関係者への配慮なのだという。

 さらに、「教育の強靭(じん)化に向けて」と題するメッセージも発表された。(参照:文科省

<AI(人工知能)の進化など情報化・グローバル化が急激に進展する不透明な時代を、たくましく、しなやかに生きていく人材を育てるためには、学校教育を進化させていくことが必要です。>

 いまさら「AI(人工知能)」だの「グローバル化」だのを持ち出すセンスはさておき、問題は「人材を育てる」というフレーズである。“材”と呼ぶからには、それは何かの役にたつもの、目的を達成する道具となるべきもの、といった意味が込められている。昨今では、そうした確固たる目的を持った教育が歓迎されるようだ。

 しかし、そもそも教育など、何の役にも立たないと断言した人物がいる。かの哲学者、フリードリヒ・ニーチェである。

次ページ「学問によって身を立てる」という考えの愚


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 本日のドル円は、東京市場では「中国は一部の米国製品に相互課税を賦課へ」との報道を受けたことにより、ドル安が進み一時110.07円近辺まで値を下げました。もっとも、日経平均株価が170円近く上昇したことを手掛かりにドルの買い戻しが強まり、ドル円は一時110.57円近辺まで値を上げました。欧… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「頑張りたくない」平成生まれ女子とマッチングするために昭和生まれ中年男性に必要な意識とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

20億円詐欺の「若作りおばさん」があぶり出した女の虚栄心

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

なぜ栗山英樹監督の「殺し文句」は、大谷選手を口説き落とせたのか?

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国・文大統領の側近が有名ブロガーと接触し、世論操作した疑いが浮上。早くもまた政権交代か

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由