世界中が日本の新型コロナ防疫体制不備に慄く中、呑気すぎる大臣・副大臣に呆然

「立憲フェス」でマスクなしの菅直人さん

 あれだけいろんな人から「感染を拡大するかもしれないんだから、やめた方がいい」と言われていたにもかかわらず、立憲民主党は2月16日、枝野幸男代表と福山哲郎幹事長が話し合い、予定通り開催することにしたのだそうです。 「野球やサッカーだって予定通りやるんだし、立憲民主党のフェスだって予定通りやっていいよね?」というアホさ加減なんですが、野球やサッカーはそれでメシを食っているわけですから、飲食店や公共交通機関がお休みにできないように、興行で成り立っているスポーツの試合だって、そう簡単にやめるわけにはいかないでしょう。そうは言っても生きていかなきゃいけないわけですから、新型コロナウイルスのリスクと生活費を稼げないリスクを天秤にかけた時に、生活費を稼げない方も別の意味で死んでしまうわけですから、やめられない事情というのもあると思うのです。  しかし、「立憲フェス」に関しては、「それを今、このタイミングでやる必要があるのか」という話です。菅直人元総理は「ポスターの糊を貼るのが大変だった」なんてマスクもせずにのんきなこと言ってましたが、「知らねぇよ!」という話です。  そんなことより、どうしたら感染拡大を止められるのかを考えるべきだし、感染が広がるということは生命にも危険が及びますが、経済にも大きな打撃になることは間違いありません。このまま感染が拡大した場合、東京五輪も中止になって、しばらく外国人観光客もやって来なくなり、インバウンドの需要が落ち込んでいるところに、日本国民は消費税を10%にされてお金がないので、そもそも気軽に外食だってできないのに新型コロナウイルスが流行っているんだから、ますます外食なんてしたくない。いよいよ倒産する会社がとてつもなく増えるかもしれません。  普通だったら異常なほどの危機感を持ち、フェスで「ポスターを糊で貼るのは大変なんですよ」とか言っている場合ではありません。ましてや、菅直人さんというのは、今から9年前の福島第一原発事故の時に、日本がひっくり返るかもしれないぐらいの大ピンチに立ち合った人です。当時の菅直人さんの判断には賛否両論あるものの、過去の話はさておき、今、日本が直面している未曾有の大災害とも言うべき新型コロナウイルスの流行に対して、1分1秒惜しまず、どうすればいいのかを考えることはできないのでしょうか。しかも、菅直人さんというのは、かつてはカイワレ大根の風評被害を解消するためにムシャムシャとカイワレ大根を食って総理大臣まで上り詰めた人です。そんな人がマスクもせずに、堂々と人混みの中にいる。がっくりきます。そろそろ引退するか、さもなくばなんともしっかりして欲しいものです……。

もちろん与党は新型コロナでも「酒飲んでワァー」

 予定通りに「立憲フェス」を開催すると聞いて、立憲民主党のアホさ加減に絶望したのですが、しょせん、立憲民主党は野党です。野党が何を言っても野党なので、自民党がしっかりしてくれれば、この国の未来は安泰なのです。頑張れ、自民党……と言いたいところなんですが、そこはやっぱり安定の自民党。「案の定」という有り様でした。 http://twitter.com/miharajunco/status/1228621174654959621  先ほども申し上げましたが、神奈川県では国内初の死者が出ていて、さらには自身の地元で感染者も出ているのに、シャケ弁当をアップしている政治家もどうかと思いますが、15日に人を集めてパーティーをしている奴も、だいぶ遺憾だと思います。  しかも、この写真からはお酒らしきものも写っています。西日本豪雨災害の時にも「酒を飲んでワァー」をやっていた自民党ですが、いよいよ新型コロナウイルスの市中感染が拡大し、中国のように大量の死者と感染者が出るかもしれないと言っている時に、自民党の若手が集まって、誰一人としてマスクもせずに、この乱痴気騒ぎなのです。これから日本中の国民が死と隣り合わせのリスクに晒されるかもしれないという時に、与党のメンバーがコレなんです。終わっているにも程があります。
次のページ
「ブロックしてない」フォロワー対応でご満悦な防衛大臣
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right