世界中が日本の新型コロナ防疫体制不備に慄く中、呑気すぎる大臣・副大臣に呆然

世界中が悪い意味で驚いた日本政府の新型コロナ対応

 日本は今、とんでもない状況に追い込まれつつあります。中国で発生したCOVID-19(新型コロナウイルス)に対し、ろくすっぽ対策らしい対策を取らなかったばっかりに水際作戦に失敗。国内で市中感染が認められるようになってから初めて専門家を呼び、「どうしたらいい?」とやっている始末で(しかも対策会議は毎回十数分程度で終わる始末)、しかも封じ込めに失敗しつつあり、米国も日本への渡航情報を4段階の中でもっとも低いレベルから1段階引き上げ、レベル2(高齢者や持病のある人は不要不急の場合、渡航の延期を検討したほうがよい)にしたほか、ミクロネシア、トンガ、サモア、イスラエル、キリバス、ソロモン諸島、韓国、タイ、ブータンなど9カ国が日本を含む感染者が所在する国、地域への渡航抑制を呼びかけるなど、世界各国から「要注意」国になりつつあります。  今、やらなければならないことは正確な感染者数の把握であり、街にどれだけのリスクがあるのかを調べることです。しかし、日本も中国と同じで少しでも感染者数を少なく発表したいのか、とにかく検査をするつもりがありません。今こそ感染が疑わしい人すべてに検査をしてもらい、感染していないかどうかを確かめてもらうべきですが、現状は検査をしたくても保健所が認めない限りは検査ができません。心配な人はたくさんいるはずですが、そう簡単に検査ができないので、わからないまま、こうしている間にも感染が拡大してしまっているかもしれないのです。もし、あなたが国会議員だったら何をしているのでしょうか。おそらく新型コロナウイルスについて調べ、どうしたら感染拡大を防げるのか、政府が打つべき対策は何かを考えるのではないかと思いますが、実際の政治家たちは、新型コロナウイルスに対しては何も考えちゃいません。

シャケ弁に夢中の甘利明さん

 海老名市や大和市、座間市などで構成される神奈川13区選出の甘利明さんは、2月14日午後2時頃、アンジャッシュの渡部健さんが絶賛するシャケ弁当の写真をアップし、「2週間前に予約してやっと手に入れた」と喜んでいました。  ちょうどその前日、神奈川県では80代の女性が新型コロナウイルスで死亡し、国内初の死者が出たことが問題になっていました。ご自身の地元で死者が出ているのに、自民党の中でも重要なポストに就いているはずの甘利明さんが、地元で亡くなった方にお悔やみの言葉一つかけるわけでもなく、シャケ弁当を食って「評価? 普通においしい(笑)」などと仰っているのです。それで賄賂の説明はいつするのでしょうか。
次のページ
与党議員も野党議員も危機感あるのか?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right