「統一教会」のダブスタについて、教団と近い政治家や論客の見解を聞いてみた<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第26回>

教団メディアも報道。最高権力者が”国家復帰”を2世に指示

 この大学生たちは統一教会の第一地区(山梨県を含む関東)の2世信者で、指導者養成のための特別修錬会「TOPGUNユース2020」(12/28~1/3)に参加するため渡韓していた。修練会最終日に行われたTOPGUNワークショップでの2世信者たちの様子を教団メディアのU-ONE NEWSとPeaceTVが報じている。 ◆世界平和統一家庭連合公式チャンネル U-ONE NEWS 2020年1月10日号 FFWPU PeaceTV HJグローバルニュース (2020年1月11日)
2世修練会で韓鶴子総裁の言葉に涙する2世信者たち

2世修練会で韓鶴子総裁の言葉に涙する2世信者たち(U-ONE NEWSより)

 では今回の2世たちの一連の活動は何を目的として行われたのか。教団メディアの報道映像には最高権力者・韓鶴子総裁が「“韓日”関係悪化改善の努力が韓国の為政者に影響を及ぼした」と評価した上で、日本人2世たちに統一原理を日本の国教にするという”国家復帰”を指示する様子が映っていた。
“国家復帰”を2世信者に命じる韓鶴子総裁

“国家復帰”を2世信者に命じる韓鶴子総裁(U-ONE NEWSより)

 韓鶴子総裁を”真の母”として崇拝する2世信者たちは、国家復帰の命を受け無条件の忠誠を誓う。

偽装勧誘員が成果をスピーチ

 TOPGUN研修を受ける2世の中に見覚えのある顔があった。壇上から伝道活動の成果として「証し」をスピーチするその女性2世信者を番組キャスターはこう紹介した。 「西東京杉並教区・篠崎瑞奈 青年宣教師は、海外宣教活動を通して、真の父母様の心情を相続し、多くの霊の子女を復帰していることを証しし、より一生懸命活動することを決意しました」  この“篠崎宣教師”は普段、新宿駅南口で正体と目的を隠した伝道活動を行っている偽装勧誘員だ。
伝道成果を発表する2世信者であり偽装勧誘を行っていた篠崎宣教師

伝道成果を発表する2世信者であり偽装勧誘を行っていた篠崎宣教師(PeaceTVより)

 以下の画像は昨年(2019年)7月、新宿駅南口での“篠崎宣教師”による偽装勧誘の現場を捉えたものだ。  勧誘現場で筆者が「2世信者勧誘員による正体と目的を隠した偽装伝道」であることを指摘すると、篠崎宣教師は宗教勧誘を否定し「青年アンケート」と抗弁。自らが教団2世であることも当初否定し「スクール(筆者注:ビデオセンター)の卒業生」と被勧誘者に説明。「伝道ではなく、道を伝えてます。人生の目的とか」と苦しい言い訳に終始した。
街頭で偽装勧誘を行う篠崎宣教師

街頭で偽装勧誘を行う篠崎瑞奈宣教師・(2019.7 撮影:鈴木エイト)

韓国メディアも関心を示し何度も報道されたと伝えるPeaceTV

「韓国社会からも注目が集まり、メディアも関心を示し何度も報道がなされた」と伝えるPeaceTV

 教団系メディアはこの謝罪行脚に対する韓国国内での報道を紹介し関心の高さを報じた。
次のページ 
事あるごとに発覚する、同じ「統一教会」での矛盾
1
2
3
4
5
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right