実績を吟味してハイリターンをゲットする「アクティブ型ファンド」の戦略とは?

「つみたてNISA」を使うならアクティブ型はこれを選べ!

 これから運用を始めるなら、運用利益や分配金が非課税になる「つみたてNISA」も活用したいところだ。 「現在は『手数料の安さ』『運用の安定性』など条件を満たしたインデックス型148本、アクティブ型18本(11月27日時点)が金融庁によって対象商品に選ばれています。どちらも選ぶ際のポイントはここまで見てきた方法と変わりません」(マネーコンサルタントの頼藤太希氏)  そこで、識者が語った条件に比較的マッチするつみたてNISA対象のアクティブ型を5つ厳選。ぜひ運用の参考にしてほしい。

<つみたてNISA対象のアクティブ型>

※2020/2/12時点 ◆ひふみプラス 信託報酬:1.078% 基準価額:4万572円 純資産総額:5376億円 リターン(年率) 1年:14.32% 3年:10.91% 5年:12.16% ◆eMAXIS NYダウインデックス 信託報酬:0.66% 基準価額:2万3341円 純資産総額:119.67億円 リターン(年率) 1年:6.55% 3年:17.40% 5年:11.05% ◆ハッピーエイジング20 信託報酬:1.617% 基準価額:1万5170円 純資産総額:174.87億円 リターン(年率) 1年:10.57 % 3年:4.93% 5年:4.47% ◆セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 信託報酬:0.63% 基準価額:1万58929円 純資産総額:2046.25億円 リターン(年率) 1年:13.34 % 3年:6.55% 5年:3.63% ◆世界経済インデックスファンド 信託報酬:0.55% 基準価額:2万4217円 純資産総額:684.99億円 リターン(年率) 1年:11.62% 3年:6.58% 5年:3.09 %
次のページ
選択の鍵は「シャープレシオ」
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right