政治家がらみのカルトニュースが多すぎる! 2019年の「10大カルトニュース」

 2019年のも残すところあと僅か。私自身は今年、菅原一秀・前経産相と統一教会との関係を取材する一環で、地元事務所に取材を申し入れに行っただけで鈴木エイト氏とともに「建造物侵入罪」として菅原氏側から虚偽告訴されたり(書類送検中)、経産相会見で菅原氏に統一教会との関係や虚偽告訴について質問しようとして経産省官僚から「永劫に」出入禁止を通告されたり、例年通りスリリングな1年だった。これはこれで政治家・官僚と報道との関係にまつわる重大な出来事ではあるが、私自身にとっての「事件」を排して、今年の「10大カルトニュース」を選んでみた。

国際問題に発展しかねなかった「霊言」騒動

10.週刊新潮(9月26日号)香港「民主の女神」が「霊言」で逮捕の危機! 「幸福の科学」の罪と罰
「アグネス・チョウ霊言」に抗議する人々

「アグネス・チョウ霊言」に抗議する人々によって、幸福実現党デモへのカウンター活動や教団施設前での抗議活動が計4回も行なわれた

 幸福の科学の教祖・大川隆法総裁が、香港民主化運動リーダーの1人アグネス・チョウ(周庭)氏の霊を呼び出したと称して、チョウ氏が香港への自衛隊派遣を望んでいるかのような情報を教団がウェブで発信。中国メディアが真に受けて報じ、中国語版ツイッター「微博(ウェイボー)」で炎上した。 ◆9.ハーバー・ビジネス・オンライン(2月28日)山本太郎氏、日本母親連盟を支持者の面前でぶった斬り!
日本母親連盟主催の講演会で同連盟の問題点を語る山本太郎氏

日本母親連盟主催の講演会で日本母親連盟の問題点を語る山本太郎氏

 日本母親連盟主催の講演会に招かれた山本太郎氏(当時参議院議員)が、その場で同連盟とニセ科学や保守運動との関係を解説。選挙での共闘を拒んでみせた。2月26日の出来事だったため、同連盟関係者の間では「226事件」と呼ばれた。もっとも、夏の参院選では「れいわ新選組」が現役の創価学会信者を擁立し、記者会見で山本代表が池田大作氏を「平和主義者」と絶賛。カルト的な集団に対する警戒感は特段高くないことも露呈した。 ◆8.ハーバー・ビジネス・オンライン(5月8日)佐々木千夏・杉並区議が「日本平和神軍」って本当? 電話で直接尋ねたら……  春の統一地方選で、「NHKから国民を守る党」公認の佐々木千夏氏が杉並区議に。直後に同党を除名されたが、佐々木氏が右翼カルト「日本平和神軍」の元幹部であり、ニセ博士号販売会社「イオンド大学」の幹部であることが指摘された。私自身が直接電話で確認を取ろうとしたところ、佐々木氏自身が特定の民族をなじる差別発言を繰り返し、途中から日本平和神軍の元総督である中杉弘氏まで電話に出てきて、佐々木氏以上の回数の差別発言を繰り返した。

カルト集団と大差ない入管の人権無視

7.ハーバー・ビジネス・オンライン(3月13日)「助けて!」収容者のSOSで駆けつけた救急隊を、なぜ入管は追い返したのか
東京入管前の抗議活動

11月8日に東京入管前で行なわれた抗議活動

 収容者たちへの虐待行為が行われている入管問題の実態を報じた記事。記者の織田朝日氏はこれ以降も継続的に入管問題をリポートし、入管の職員たちがまるでカルト集団のように人権を蹂躙する方向に暴走している実態が生々しく伝えた。私自身が、この問題に関心を持ち抗議デモや裁判傍聴に出かけるきっかけになった。 ◆6.デイリー新潮(10月5日)教祖は性的虐待で逮捕、韓国の新興宗教「摂理」は日本でいまも密かに浸透中
宗教法人化された摂理の系列教会「大阪主愛教会」

宗教法人化された摂理の系列教会「大阪主愛教会」(大阪府守口市)

 2006年に「セックス教団」として大騒ぎになった宗教団体「摂理」の複数の支部が昨年、宗教法人の認証を受けていたことを伝えた、一般メディアでは唯一の報道。ジャーナリストの鈴木エイト氏と私が分担して現地取材を行い、現在の摂理信者たちの様子や主張もあわせて報じた。
次のページ 
第4次安倍改造内閣は「カルト内閣」!?
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right