「助けて!」収容者のSOSで駆けつけた救急隊を、なぜ入管は追い返したのか

織田朝日
 3月12日の夜、緊急搬送が必要な収容者を救急車に乗せることを拒む東京入管についてのツイートが大きく拡散した。  その異常事態について、当サイトでは午前中配信記事で概要を報じたが、以前から収容者支援の活動を続け、当日も現場に駆けつけていた織田朝日氏に詳報を寄稿してもらった。

「助けて!」苦しむ夫からの、必死の電話

 難民申請が却下されたクルド人のメメット・チョラクさんは、2018年1月11日に東京入管へ収容され、もう1年以上が過ぎた。残された妻と3人の子供たちは親戚の手助けで生活していたものの、長い間引き離されたストレスが大きく限界を感じていた。  妻やその親族たちが面会するたび、メメットさんは頭の痛みや手足の痺れを訴えた。入管には何度も嘆願したが、なかなか思うように治療をしてもらえない状態で今に至っていた。
100人ほどが入管に集まった

メメットさんを救うため、100人ほどが入管に集まった

 2019年3月12日朝9時ごろ、いつものようにメメットさんの面会に来た妻が、受付で「病気なので会えない」と面会を拒否されて驚いた。初めてのことに動揺した妻は、入管4階の総務課に出向いて事情を話し「ちゃんとした治療をしてほしい」と嘆願した。  その後、午後に面会することができたが、安心したのは束の間のことだった。面会室に現れた夫は、職員2人に支えられていなければ1人ではとても歩けない状態。非常に消耗している様子だった。苦痛で顔を歪めたメメットさんは妻に向かって、精いっぱい声を振り絞った。 「助けて!」  頭痛、心臓の痛み、手足のしびれ、呼吸も困難で、もうどうにもならない苦しみなのだという。妻は面会後、再び総務課に出向いてそのことを訴えた。  しかし、職員は「もう薬も飲ませたし、医者にも診てもらっている」と答えたので、心残りではあるものの入管を後にした。

救急隊は入管の看護師に「病院に行くほどではない」と追い返される

入管の職員通用口

メメットさんの妻と多くの支援者たちが、入管の職員通用口に集まり抗議した

 ところが最寄りの駅についたころ、収容所にいるメメットさんから公衆電話で連絡があった。 「苦しい、明日までに生きていないかもしれない。助けて!」  ただごとではない夫の声に、妻は頭が真っ白になった。薬などはもらっておらず、その日入管にいた非常勤の医者は、精神科医だったと夫は言う。  妻はいてもたってもいられなくなり、入管に引き返した。そして兄弟や親戚、日本人支援者に連絡すると、支援者たちがツイッターを使って拡散。100人近くが入管前に集結した。  あたりが暗くなっても入管に対して抗議が行われる中、メメットさんの親戚の1人が19時頃、救急車を呼んだ。駆けつけた救急隊は入管の建物内に入ったが、40分ほどで担架に誰も乗せることなく出てきて、帰ってしまった。  支援者の1人が「なぜ病院へ連れて行かなかったのか」と救急隊に電話したところ、入管に常駐しているという看護師から「私がバイタルチェックをして、彼は病院へ行くほどではないと判断した」と言われて追い返されたのだそうだ。その説明だけで、救急隊はメメットさん本人と一切接触することなく帰ったのだという。
次のページ 
過去に医療ネグレクトとも言える死亡事例があるからこそ声をあげる
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right