団塊世代の夢破れしあと。学生運動や広がる格差が音楽にも影響<戦うアルバム40選 パンクス台頭の’70年代編>

英米で格差・大量消費社会を皮肉ったパンク

 『London Calling』The Clash(1979) 『London Calling』The Clash(1979)  セックス・ピストルズの存在が混沌や挑発の象徴だとしたら、同じくロンドン・パンクの二大巨頭の一つだったクラッシュは、ストイックな実直さと社会との戦いの代名詞だった。その彼らの文句無しの到達点がこの3作目。  パンクの初期衝動のまま、サウンドをレゲエにブルースにジャズと多彩に拡大させたことも立派ながら、ここでは同時にこれまで通りに「同世代」や「労働者階級」に軸足を置いた展開を見せる。  同時に「スペイン戦争」や「ヘイトフル」に代表されるような、時空を超えた問題意識と物語性を発展させ、大量消費社会への懐疑(「ロスト・イン・ザ・スーパーマーケット」)や抑圧への怒り(「クランプダウン」)など、問題意識の幅や洞察力にも深みを増した。この後、彼らの存在自体が世界で何が起こっているかのジャーナルと化していく。  『Fresh Fruit For Rotting Vegetables』Dead Kennedys(1980) 『Fresh Fruit For Rotting Vegetables』Dead Kennedys(1980)  「アメリカではイギリスのようにパンクが国や音楽を変えたりはしなかった」とはよく言われる。だが、それは表面的な話であり、実際はアンダーグラウンドを拠点として、その種は確実に蒔かれていた。その先駆け的存在と言えるのが、サンフランシスコのハードコア・パンクのカリスマ、デッド・ケネディーズだ。  来る‘80年代のアメリカの保守化を予見するかのように、大統領となるレーガンが先に統治したカリフォルニアの格差社会の現状を「キル・ザ・プア」やナチスの標語と引っ掛けて「カリフォルニア・ウーバー・アレス」と歌い、‘70年代最大の戦争悲劇であるカンボジアの武装組織クメール・ルージュによる国民の大量虐殺を歌った「ホリデー・イン・カンボジア」などを通じ、アメリカの耳と感性の敏感な若きパンクスたちの社会意識を目覚めさせていくことになる。 <取材・文/沢田太陽>
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right