「れいわ新選組」蓮池透氏を擁立。会見で語った原発・拉致問題、そして「国のあり方」

国が壊れるのではなくて、人が壊れてしまうという危機感

reiwakaiken

記者会見する蓮池氏(右)と山本氏(左)

「それではどうぞ、お入りください」  山本太郎・れいわ新選組代表にうながされ、姿を見せた人物はこう名乗った。 「蓮池透と申します」  言うまでもなく、蓮池氏は北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)元副代表。実弟の薫氏は拉致被害者だ。  れいわ新選組事務所(東京・四谷)で5月31日午後3時から行われた1人目の立候補者を発表する記者会見。蓮池氏の登場で一段と緊張感が高まった。  前日、いったんは「参議院選挙の候補者」とリリースされた。だが、山本氏は現場で「参院になるか、衆院になるかはギリギリになるまでわからない」と軌道修正している。  候補者第1号である蓮池氏がマイクを握った。 「山本太郎さんとは随分前からおつき合いがあって。3.11の後に福島・郡山市で収録したテレビの某番組でご一緒したのが最初です。  今は芸能人が政治のことを口にするのはタブーだとよく言われてますけども、山本太郎さんはそんなことはものともせずに、国政に打って出て風穴をあけた。当時から原発反対ということでは共感し、非常にリスペクトしておりました。  当初は反原発の旗手という形で政治をやってこられましたが、この6年間、いろいろな施策を展開しておられまして。そのへんにも非常に。国民の皆さん一人一人の目線から、それこそ皆さんのために政治をやっている。  その原点。このままでは国が壊れるんではなくて、人が壊れてしまう。そういう危機感。これは私も非常に共感するところであります」

蓮池氏「オフラインで言いたいことを言っていく」

 蓮池氏は現在、新潟・柏崎市在住。 「突然、山本太郎さんが訪ねて来てくださって。『何とか力を貸してください』とおっしゃってくれました」  蓮池氏は山本氏の申し出に対し、「私が太郎さんのグループに加わったら、マイナスが生じるかも。そちらのほうがむしろ大きいんじゃないか」と懸念を伝えた。山本氏はこれに「非常に光栄な言葉」で答えたという。こうして、蓮池氏は「一念発起し、山本太郎さんを応援していく」ことを決断するに至った。  SNSで政治的な発言を繰り返してきた蓮池氏。出馬に当たって「オフラインで言いたいことを言っていく」ことも決めた。 「東京一極集中と言われる中、新潟県でも人口が流出している。県内の大学を卒業した人たちもどんどん県外に出ていく。県内への就職率は非常に下がっています。かつ県内でも県庁所在地に人口が一極集中している。このままだと、地方都市にはコンビニとラーメン屋、ドラッグストアしか残らないんじゃないか。多くの人が半ば自虐的にそうおっしゃっている」(蓮池氏)
次のページ 
既得権益者だけが選挙に出る
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right