安田純平さんの妻の深結さん「自殺を考えていた時期も。人とのつながりで救われた」

「捕まった本人よりも、家族がいちばん大変でした」

打ち合わせ

安田さん夫妻。打ち合わせにて

 シリアで人質になり昨年無事に解放されたフリージャーナリストの安田純平さんと、純平さんの妻でヒーリングシンガーの深結(みゅう)さんの話を聞くトークイベント「いのちの話」が4月6日、東京・千駄ヶ谷区民会館で開催された。企画したのは「安田純平さんを救う会」。  純平さんはまず、深結さんについてこう語った。 「捕まった本人よりも、家族がいちばん大変でした。家族の周囲でなにが起きていたのか。家族がどのような心境に置かれていたのか。外務省やブローカー、メディア、拘束者側からも接触があり、それらをひとりで抱えなければならなかった妻の話を聞いてほしい」  ゲストとして、医者・作家でイラクやシリアの支援を行っているNGO「JIM-NET」(日本イラク医療支援ネットワーク)の代表を務める鎌田實さんが登壇し、安田夫妻に質問をした。

夫の命が危ないと思い、誰にも言えなかった

「一番つらかったことは何ですか」と聞かれると、深結さんは「それが……あまり、覚えていないんです」と切りだした。つらかった経験なので、無意識に忘れようとしているのかもしれない。 「2015年6月の終わりに電話が通じなくなって、一週間つながらなかったので、夫から『いざというときは、連絡するように』と言われていたシリア人に電話したら、連れ去られたという。  相手を下手に刺激すると夫の命が危ないから、だれにも言えない。信頼している人に相談しても、その人が、また信頼できる人に『誰にも言わないで』としゃべれば、さらに広まってしまう。だから一切しゃべらないと決めたんです。それがつらかった」(深結さん)
次のページ 
日本では家族も「連帯責任」にされる
1
2
3
4
シリア拘束 安田純平の40か月

2015年6月に取材のためシリアに入国し、武装勢力に40か月間拘束され2018年10月に解放されたフリージャーナリスト・安田純平。帰国後の11月2日、日本記者クラブ2時間40分にわたる会見を行い、拘束から解放までの体験を事細かに語った。その会見と質疑応答を全文収録。また、本人によるキーワード解説を加え、年表や地図、写真なども加え、さらにわかりやすく説明。巻末の独占インタビューでは、会見後に沸き起こった疑問点にも答える

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right