維新のビラをファクトチェック。「教育福祉に徹底投資」ほんまでっか?

パーセントではなくパーミル利用の妙なグラフ

 先日、次のようなツイートがSNSを賑わせた。 “今日getした維新のチラシ お得意の「こども・教育の予算 7年で8倍」 例の8倍のパネルには目立たない色で一応「政策的予算」と書いてあるのですが、これは但し書き一切無し。2011年の教育予算がほぼゼロのわけがないし。 アウト~。”  実はこれ、グラフをよく見ると単位が「%」ではなく、「‰(パーミル。パーセントは100分の1だが、パーミルは1000分の1。つまり10パーミル=1%)となっており、SNSを中心に「偽装ではないか」という声が高まった。(参照:”大阪W選で維新が“誇大広告” 教育関連チラシで実績カサ上げ”–日刊ゲンダイ)  実は大阪維新の会、こうした指摘が少なくない。  そんな中、昨秋まで大阪府職員として働き、この4月に、淀川区から大阪「府」議会議員に無所属で立候補予定する大石あきこ氏が興味深いブログをアップした(参照:”ファクトチェック【維新・横山府議編】「教育福祉に徹底投資」ほんまでっか?”。2008年、橋下知事就任時の最初の朝礼で、サービス残業に抗議した女性職員として、テレビで話題にもなった大石氏のブログを許可を得て一部転載してお送りする。

維新議員のビラ、ファクトチェックしてみた

 いま、私の手元に、淀川区の維新府議・横山ひでゆき さんのビラがある。
維新府議・横山ひでゆき氏のビラ

淀川区内で配布されている「よこやま通信 2019vol.1」

維新府議・横山ひでゆき氏のビラ

「よこやま通信 2019vol.1」の裏面」

 維新府議・横山ひでゆきさんの、ビラの見どころを以下にまとめますね。 ▼「経済成長で税収を確保し教育・福祉へ徹底投資!」 (私の心の声)よさげやん。私のスローガンとほぼ一緒やん。 「大阪維新の会は 福祉・医療と教育にもっとも力を入れています」 「・第一位 福祉・医療 約6,100億円 大阪府全体の予算の約24%(前年度比190億円)」 「・第二位 教育 約5,500億円 大阪府全体の予算の約21%」 上記いずれも「平成31年度当初予算」 (私の心の声)まじかー、福祉と教育に力入れてたなんて、知らんかったぁ。  だって、介護の人手不足の平成31年度当初予算も、維新府政で大幅カットされたばかりやしー。淀川区でも、十三小学校も、西中島小学校も、木川南小学校も、維新が、つぶす方針出してるんやしー。  ・・・え?  このビラの内容、ほんまでっか?? というわけで、維新・府議会議員の横山さんのビラ、ファクトチェックで検証します!  まず、上に書いてあった、 「経済成長で税収を確保し教育・福祉へ徹底投資!」「福祉・医療と教育にもっとも力を入れています」 は、結論みたいやから、以下の数字のファクトチェック↓をすれば、結論が正しいかどうか、わかりそうやね。 ファクトチェック1&2
次のページ 
大阪維新の会は福祉医療にもっとも力を入れている?
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right