なぜクラフトジンブームが起きたのか? その背景には200年ぶりに復活したある免許の存在があった

林泰人

山椒やゆず、茶葉をボタニカルに

 前述のとおり、日本国内においてもクラフトジンは活況を見せている。ジャパニーズ・クラフトジンは、ジンとして必須のジュニパーベリーが入っているほか、大小さまざまな酒メーカー、日本各地の地酒蔵元や泡盛、焼酎、梅酒の蔵元が、それぞれの酒をベースに特産果物を加えるなど、地方の特色が濃いのが魅力だ。  茶葉や山椒、ヒノキ、ゆず……。日本の食を彩るさまざまな植物由来のスパイスや果皮などがボタニカルとして利用されているため、洋酒のハードリカー好きはもちろん、焼酎好き、日本酒好き、泡盛好き、はては養命酒好きにとっても、お気に入りの一本を見つける楽しみがある。  こうしたボタニカルが使われていることで、日本食にも合う食中酒として味わうファンも増えているという。今は静かなブームだが、今後クラフトジンブームが普及していけば、地方復興の切り札としても期待できるかもしれない。 <取材・文・撮影/林 泰人>
1
2
3
関連記事