アサド政権の空爆で5年前に手足を失った子どもたちは……。内戦終結が近づき、追い詰められるヨルダンのシリア難民

予算がなく、援助機関で働くシリア難民が失業している

シドラさん12歳も右足を失った。 (Large)

爆撃で右足を失ったシドラちゃん(12歳)は、「将来は医者になりたい」という。手に持っているのはJIM-NET「チョコ募金」募金者へのリターン用の、六花亭のチョコレート

 2019年3月で、8年が経過するシリア内戦。終結に近づき、国連やNGOなどの支援は「シリア国内の復興」へと移りつつある。一方ヨルダンのシリア難民支援は予算が減らされ、苦境に立たされているという。  JIM-NETが支援してきたリハビリセンターを運営する団体も「予算がなくて、このままではセンターを続けられない。アンマンの事務所は閉鎖して、いま安いところを探している。それまではみな自宅で作業しているんです」と語る。  同団体はシリア国内でダラーの病院を3か所運営していたが、空爆されて完全に破壊されてしまい、国内での活動を再開するのも難しい。「僕もクビになるかもしれない。何か仕事を紹介してほしい」。同団体のシリア人スタッフが小さな声で深刻に訴えた。 <文/佐藤真紀(JIM-NET事務局長)> ※JIM-NETでは現在、「2019年チョコ募金」を実施中。募金はシリア難民支援にも使われる。https://www.jim-net.org/choco/
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right