沖縄県知事選で、自公推薦の佐喜眞氏陣営が公然と行う“二枚舌選挙”。創価学会員も大量動員

横田一

辺野古の新基地建設には触れない佐喜眞淳候補を直撃するも、無言

総決起大会

9月10日の宜野湾市での決起集会には、自民党ナンバー2の二階俊博幹事長や竹下亘総務会長、山口那津男・公明党代表らが檀上に勢揃い、佐喜眞氏への支援を表明した

 辺野古新基地建設が最大の争点の沖縄県知事選(9月30日投開票)が9月13日に告示、自公維希推薦の佐喜眞淳・前宜野湾市長と「オール沖縄」が支援する玉城デニー・前衆院議員の実質的な一騎打ちの選挙戦が始まっている。

 今年2月の名護市長選では、自公推薦の渡具知武豊候補(現市長)が辺野古に触れず、新基地反対の稲嶺進・前市長に勝利した。同じように、佐喜眞氏も辺野古についてまったく触れない選挙を実践している。

 佐喜眞氏の地元・宜野湾市での総決起大会(9月10日)でも、那覇市内での第一声(9月13日)でも、「普天間基地閉鎖」を力説することはあっても、移設先の辺野古については一言も語らなかったのだ。

 そこで決起大会翌日の9月11日、建設業者など地元企業・団体を集めて開かれた「沖縄に関する政策懇談会」(岸田文雄政調会長が出席して説明)に顔を出した佐喜眞氏を、会場出口で直撃した。

――普天間のことは触れていますが、なぜ辺野古のことは一切触れていないのですか。

佐喜眞氏:無言

――沖縄へのカジノ誘致にも触れていませんね。カジノ誘致はOKということですか。

佐喜眞氏:無言(車に乗り込む)

 2日後の告示日(13日)にも、第一声後の支持者との握手を終えた佐喜眞氏に「辺野古に触れない理由は何ですか」と再び聞いたが、このときも一言も発しないまま車に乗り込んだ。

次のページ 
名護市長選挙でも争点隠し

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7