サークルKサンクスの「ファミマ化」、年内にも完了へ。予定より早い「屋号統一」、その理由は?

都市商業研究所
サンクスの店舗

間も無く見納めとなる「サークルKサンクス」の店舗(文京区)

 先日は中堅コンビニ「セーブオン」の消滅を報じたばかりであるが、間もなく消えてしまうコンビニはそれだけではない。

 全国でお馴染みだったコンビニ「サンクス」が、8月23日をもってついに発祥の地・宮城県からも完全撤退。親会社のユニー・ファミリーマートHDはグループだった「サークルK」も含め11月中にもファミリーマートへのブランド統合を完了させる方針を発表しており、いよいよ消滅へのカウントダウンが始まった。

実は「東北発祥」だったサンクス

 ところで「サンクス」が東北発祥だったというのは知らなかった人も多いであろう。

 サンクスは総合スーパー「サンバード長崎屋」のコンビニ事業部として1980年7月に宮城県仙台市で設立した日本オリジナルのコンビニチェーンだ。同年11月に1号店となる「八幡店」(仙台市青葉区)を出店、翌1981年からは関東地方へ進出し、次第に全国へと店舗網を拡大していった。

 長崎屋はもともと平塚市で創業、当時は市川市本八幡に本社があったが、サンクスの本社は1983年1月に東京・日本橋へ移転するまで2年半ほど仙台市に置かれていた。当時、仙台エリアには長崎屋が多店舗展開しており、同社が力を入れる都市の1つであった。

 1号店であった八幡店は現存しないものの、すぐ近隣には最近まで「サンクス仙台八幡二丁目店」が所在。同店はサンクス1号店を引き継ぐ店舗として…ではなく仙台名物・芋煮の季節になると店舗前に大量の「芋煮用焚き木」が積まれることでも知られていたが、こちらも昨年ファミリーマートへと転換されてしまった。

サンクス仙台八幡二丁目店

かつての創業店近くにあった「サンクス仙台八幡二丁目店」(仙台市)

 もちろん、サークルKサンクスのファミマ転換はこれ以外の地域においても進んでいる。

 サークルKサンクスがファミマに経営統合されたのは2016年9月のこと。当時国内に約6300店もあったサークルKサンクスの店舗は、今年6月には1000店を、そしてこの9月には300店を割り込むまでに減少。2月には福島県から、3月には栃木県から、6月には奈良県、和歌山県、香川県から、8月には宮城県のほかに山形県、群馬県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、岡山県、福岡県から完全撤退しており、もはや街で見かけることも困難になった。

 商品や物流拠点の統合も2017年6月までに完了しており、現在ファミマとサークルKサンクスで違うのはほぼ「看板」だけだ。

次のページ 
屋号消滅を急いだ理由とは?

1
2
3
4
5
関連記事
6
7