日本のロケットベンチャー・インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げを延期。今夏以降に再挑戦へ

ISTが開発した観測ロケット「MOMO」2号機 Image Credit: インターステラテクノロジズ

 北海道のロケット企業インターステラテクノロジズ(IST)は2018年4月30日、観測ロケット「MOMO」2号機の打ち上げ実験の実施を、今年の夏以降に延期すると発表した。

 当初はゴールデンウィーク中の打ち上げを予定していたが、打ち上げ準備中にトラブルが発生。同社は今後、改良や再試験などを入念に行い、万全の状態で再挑戦したいと語る。

窒素ガス漏れが判明して打ち上げ延期

 MOMO 2号機はインターステラテクノロジズ(IST)が開発した観測ロケットで、高度100kmの宇宙空間に、観測装置や実験装置などを打ち上げることを目的としている。1号機は昨年7月に打ち上げられ、エンジンの性能などの実証は果たしたものの、トラブルにより宇宙空間には到達できなかった。

 同社ではトラブルが起きた箇所を改良した2号機を開発。4月28日にも打ち上げ実験に挑む予定だった。しかし、28日は機体の確認に時間がかかったため延期。翌29日に再設定された。

 しかし29日には、打ち上げ準備中に、機体の各所にあるバルブを動かすための窒素ガスが漏れていることが判明した。

 その原因と考えられた部分は、1号機から設計変更をしたところで、改修はすぐに完了。しかし、根本的な原因が他にある可能性が否定できず、またロケットというシステム全体での試験が必要でもあることから、さらに打ち上げが延期されることになった。

 当初、打ち上げ予備期間として5月5日まで日程が確保されており、ゴールデンウィーク中に再挑戦の可能性もあったが、3日以降は天候の悪化が予想されたことや、「ロケットを万全な態勢で打ち上げたい」という考えなどから、今夏以降への延期が決定された。

MOMO 2号機 Image Credit: インターステラテクノロジズ

次ページ打ち上げ側はポジティブな構え


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由