サウジで建設中のスペイン製高速鉄道、またしてもトラブル発覚でさらに1年以上遅れる可能性が浮上!

白石和幸
AVE

いつになったら砂漠の中を走るAVEの勇姿を目にすることができるのか……(サウジアラビア鉄道機構のサイトより)

 砂漠の砂問題コンソーシアム内部の覇権争い巨額の未払金発覚、さらには駅舎の完成遅延などなど、今までにも何度も問題を報じてきたサウジで建設中のスペイン高速鉄道。

 そしてなんと、このサウジで建設中のスペイン製高速鉄道の完成が最低また1年の延期になる可能性が高まっていることが発覚した。今回の遅れはスペイン側の責任でもなく、砂漠の砂の問題でもない。

 前回報じたように、サウジの大手ゼネコン2社、「サウディ・オジェール」社と「ビン・ラディン」社が受注した駅舎の完成が遅れてていたのだが、その完成までに少なくともあと1年の歳月が必要だということが発覚したのである。

5駅のうち、2駅が遅々として進まず

 そもそも、この高速鉄道450kmの距離には5つの駅(メッカ、ジェッダ、空港、アブドラ前国王、メディナ)の建設が計画されていた。

 そのうち、前出のサウジの大手ゼネコン、サウディ・オジェール社はジェッダ駅とアブドラ前国王に因んだKAEC駅を、そしてもう一社であるビン・ラディン社はメッカ駅とメディナ駅をそれぞれサウジ鉄道公社から受注していた。

 いまのところ、メディナ駅とKAEC駅は建設工事も順調に進んでいるのだが、ジェッダ駅とメッカ駅が致命的に遅れているのだという。そしてこのたび、この二つの駅の完成予定の遅れから、高速電車の開通には少なくとも更に1年の延期が必要だとスペイン企業のコンソーシアムが判断したと報じられた。この遅れは両社が現在抱えている資金難が理由だとされている。(参照:「Expansion」)

 駅舎の完成は遅延しているものの、スペインのコンソーシアはサウジ鉄道公社に約束したように今年12月31日までにいつでも運行できる体制にするとしている。それに対して、サウジ側では1億5000ユーロ(195億円)のボーナスと予算外の出費2億ユーロ(260億円)を用意するとしている。

 また、サウジ鉄道公社も、さすがに駅舎の完成遅延を指を咥えて見ているわけにもいかず、二つの駅舎の完成の遅れを取り戻す為にトルコのゼネコン企業ヤピ・メルケジ(Yapi Merkezi)に完成までの工事を請け負わせることを決めたという。

次のページ 
サウディ・オジェール社の会長はあの人!

1
2
4
5
関連記事
6
7