英国人気ブランド「Superdry 極度乾燥(しなさい)」が日本出店しない理由をあえて聞いてみた

店内に日本人客はゼロ

ビーサンまで。目が慣れてくれば、田舎のヤンキーが履いてなくもなさそうに見えてくる

 ただ、謎な日本語から商品そのものに目を移すと、ポール・スミスやマリークヮントなどの有名ブランドを生み出したイギリスの良さが、質、デザインに出ているのに加え、値段もファストファッションブランドより若干高めの設定。ブランドを安売りしないというプライドが見てとれる。  平日の昼前にもかかわらず、ひっきりなしに出入りする多人種の買い物客。肌で感じた流行の波だったが、やはりというべきか、1時間店内にいても日本人には1人も会わなかった。  日本語なのに、日本国内ではほとんど目にすることのないSuperdry。ゆえに、日本での知名度は低く、「海外旅行先で見た」、「外国人が着ているのを見たことがある」という目撃情報に留まる。

本社からの回答は「日本の他社と被るから」

店舗はニューヨークの一等地にある。ユニクロと隣接しているのが何ともシュールだ

 商品には「Japan」と書いてあるものまで存在するのに、どうして日本に上陸しないのだろうか。  筆者は当初、「不可解な日本語のせいだ」と思っていたが、この疑問をイギリス本社に問い合わせたところ「商標登録の兼ね合いで日本には進出もしないし、直送もしない」との回答が返ってきた。  明記はなかったとはいえ、日本の「スーパードライ」といえば、どの商品との兼ね合いなのかは容易に見当がつく。さらに、前出のダンカートン氏とホルダー氏が東京に来た際、この“日本のスーパードライ”そのものにインスパイアされ、自動翻訳機能で訳した言葉をそのまま採用したという話もあり、こちらも後日問い合わせてみたが、この件の回答は期限内には得られなかった。  クールジャパンと叫ばれて久しく、2020年の東京オリンピックに照準を当て、政府も日本ブランドを広めようと躍起になっている。  一方、海外では我々が想像している以上に日本の文化が”愛されていた”と考えると、どこか誇らしく思えてはこないだろうか。日本語はもはや、日本人だけのものではなくなってきているのかもしれない。海外へ行った際は、この店を是非チェック(しなさい)。 <取材・文/橋本愛喜>
フリーライター。大学卒業間際に父親の経営する零細町工場へ入社。大型自動車免許を取得し、トラックで200社以上のモノづくりの現場へ足を運ぶ。日本語教育やセミナーを通じて得た60か国4,000人以上の外国人駐在員や留学生と交流をもつ。滞在していたニューヨークや韓国との文化的差異を元に執筆中。
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right