「酒を飲んだら太る」は迷信!増えるのはせいぜい4年で0.19kg、つまみを食っても無問題

とはいえ酒量は適切に

「酒は太る」とよく言われます。実際、缶ビールを1本飲んだだけで摂取カロリーは150kcalを超えますし、酒飲みほど腹が出ているイメージが強いのも確かでしょう。  しかし、そのいっぽうで反対意見もよく耳にします。アルコールはカロリーとして摂取されないため体脂肪にはならず、酒で太るのは、あくまで食欲が増して「つまみ」を食べすぎてしまうからだというのです。  それでは、酒はどこまでダイエットの敵なのでしょうか?  酒太りに関する研究は、1980年代から何度も行われています。まずは実験室で行われた研究データを見てみましょう。  2006年にオランダで行われた実験では、太りぎみな34人の男性に1日450mlのワインを飲み続けてもらいました(1)。1日の食事量は変えていないため、いつもの食事に330kcalも余分なカロリーを追加した計算です。  ところが、4週間後の結果は「全員の体重に変化なし」。誰も体脂肪は増えておらず、みんな実験前と同じ体型をキープしていたのです。
次のページ 
ダイエット中の飲酒もまったく影響なし
1
2
3
4
一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

13キロのダイエットに成功した作者が語る

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right