ルーマニアで起きた汚職政治家救済法案に反対する大規模デモ、子供の参加者も多数

 ルーマニアで大規模のデモが31日から連日発生しました。

 首都のブカレスト中心にルーマニアの主要都市で数十万人が参加したとされるデモ。規模としては、1989年にあの独裁者として名高いチャウシェスク政権が崩壊した時以来の規模のデモとなりました。

 一体、ルーマニア国民は何に対して怒っていたのか。

 1月31日、ルーマニア政府は、44000ユーロ以下の汚職であれば刑務所に収監しないようにできる等の法令を出しました。

 この法令の問題点は2つ。

 1つ目は、今後の政治活動において、汚職が加速する可能性がある点。刑務所行きが免れるなら、ますます汚職しようとする人物が増える可能性が高いわけです。

 2つ目が、これまで汚職してきた政治家の刑務所行きが免れる可能性がある点。特に注目点となったのが、社会民主党(PSD)のドラグネア党首。ドラグネア党首は44000ユーロ以下で汚職の罪に問われています。この法令が出れば、ドラグネア党首は刑務所行きを免れます。誰が得をするのかは明らかでしょう。

次のページ 
信じた政党に裏切られた国民の怒り

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7