長時間紛糾しそうな会議を「1時間」で終わらせるテクニックとは?

決して応酬しないこと

 この演習を実施する前にと、必ずといっていいほど出される意見が、「会議の冒頭で洗い上げなどを行ってしまったら、それこそ紛糾する。寝た子を起こさない方がよい」というものだ。実は、その意見は、全くの杞憂だ。この4つの質問を、普通に素直に繰り出して行けば、決して紛糾しないのだ。演習を実施して初めて、参加者は、目からウロコの実感を持っていただく。  どういうことかというと、会議が紛糾してしまうのは、「洗い上げ質問」するからではなく、「洗い上げ質問」により出された懸念や異論に対して、意見が出される度に応酬してしまうからなのだ。参加者が懸念を表明する、すると、方針説明をした人が「いや、そうではありません、こういうことです」とさらに反論する。参加者が異論を挙げる、すると、会議進行役が「説明が足りなかったかもしれません、こういう考え方です」……というように、いちいち応酬するから、紛糾するのだ。  4つの質問のスキルを繰り出す際は、「洗い出し質問」「掘り下げ質問」「示唆質問」「まとめの質問」の順に、素直にそのまま、その質問を繰り出してって、決して応酬しないことさえ気に留めておけば、誰でも合意形成のためのファシリテーションを実現できるのだ。  世の中に山ほど会議進行の解説本がある。大手書店に行けば、5段組の棚全体が会議進行の書籍で埋まっている。解説本を読まなくても、4つの質問のスキルの繰り出し方を身につければ、合意形成を実現する担い手に間違いなくなれる。私は、この4つの質問のスキルを含む、分解スキル・反復演習型能力開発プログラムが、生産性向上、ひいては働き方改革の鍵であると確信している。 ※「質問による合意形成のスキル」は、山口博著『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月。ビジネス書ランキング:2016年12月丸善名古屋本店1位、紀伊國屋書店大手町ビル店1位、丸善丸の内本店3位、2017年1月八重洲ブックセンター4位)で、セルフトレーニングできます。 【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第26回】 <文/山口博> 【山口 博(やまぐち・ひろし)】株式会社リブ・コンサルティング 組織開発コンサルティング事業部長。さまざまな企業の人材育成・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月)がある ※社名や個人名は全て仮名です。本稿は、個人の見解であり、特定の企業や団体、政党の見解ではありません。
1
2
3
チームを動かすファシリテーションのドリル

「1日1分30日」のセルフトレーニングで、会議をうまく誘導し、部下のモチベーションを自然にあげられる!

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right