感動なきトランプの就任演説は、アメリカの分断をさらに加速させた

岡本泰輔
 1月20日、遂にトランプ氏が大統領に就任しました。大統領就任演説は、具体的政策を語る場というより、大きなビジョンを示す場。 筆者はこの大舞台で、トランプ氏がどんな名演説をして、いかに分断したアメリカをまとめるのか、どのような歴史的瞬間に立ち会えようかと期待し、ライブ中継で見ていました。  トランプ氏はこの演説で、 「ワシントンから国民に権力を返還する」 「アメリカ・ファースト(米国第一)、アメリカ・ファースト(米国第一)」 「米国製品を買い、米国人を雇う」  と言い、これまでの政治のやり方とは異なり、米国第一主義でアメリカを再び強くするというメッセージを伝えました。トランプ氏のこれまでの主張と一貫した内容ではありました。
次のページ 
感動、盛り上がりにかけた演説
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right