世界が注目するインドサッカー市場 ジダンも関心を寄せる

潤沢な資金と国外からの関心で急成長が見込まれるインドサッカー界

 人口12億人を超える大国インド。
 近年IT都市として世界的に有名になってきているが、その生活はまだまだ昔と変わらない生活をしている人が多い。

 主食はカレー、道路には牛が歩き、オートリキシャーと呼ばれる3輪車が走っている。そして圧倒的に人気のスポーツはクリケットだ。いたるところで少年たちがクリケットをし、テレビ放送もクリケットばかりだ。

 しかし、2009年にインド初のプロサッカーリーグが発足され、2014年にはインドスーパーリーグが開幕。プレミアリーグやスペインリーグの放送も始まり、一気にサッカーが人気スポーツとなった。デルピエロやロベルト・カルロスといった往年のスーパースターもインドでプレーをし注目を浴びている。今後、アジアだけでなく世界で注目されるサッカー市場に成長してくだろう。

 2016年、インドサッカー界はまた一段と進化をした。

 Iリーグ所属ベンガルールFCのインド史上初となるAFCカップ決勝進出、ロナウジーニョやライアン・ギグスなどスター選手たちを召集したプレミア・フットサルの開幕、インド人初となるラ・リーガプレーヤーの登場、FIFAランキングも2015年3月の173位から大きく順位を上げて2016年12月には135位となった。

次のページ 
ボリウッド界、クリケット界などから強力な投資家の支援
1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7