若者のドンチャン騒ぎでシャッター商店街に活気を――大阪「セルフ祭」にみる好例

「己を祭れ」をコンセプトに、それぞれが好き勝手なことをする「セルフ祭り」が商店街に活気をもたらした!?

 大阪・通天閣近くの商店街で毎年行われている「セルフ祭」をご存知だろうか。

 今年は10月8~9日の二日間に渡って行われたが、これが実にナンセンスで馬鹿馬鹿しい、現代ニッポンの奇祭なのである。

 ちなみに「セルフさい」ではなく「セルフまつり」と読む。会場の新世界市場商店街に行ってみると、長さ100メートルほどの短いアーケードの両側に、何やら様々な店が出ている。

 しかも、店主の大半はエキセントリックな仮装をしており、一見してカオス。来場者も仮装が多く、見ているだけで目がクラクラしてくる。

 出店ブースは「実物より1000倍醜く描く似顔絵」、「成仏を祈ってもらえる“冥土”カフェ」、「客に向かって『おめでとう~!』とひたすら唱える“祝福屋”」「ウサギやパンダの着ぐるみを着たマッサージ師によるマッサージ」のほか、仮装レンタルや自作Tシャツ、雑貨、珍しい石、挽きたてコーヒー、おにぎり、手作り草履、チヂミなどなど。

 何一つ脈絡や統一性がないため、説明が難しいが、言うなれば各自好き勝手にやっている“大人の文化祭”といったところか。どことなく高円寺や荻窪、下北沢あたりのバーや雑貨ショップにありそうな「中央線カルチャー」の匂いを感じるが、それよりももっとラフで自分勝手にやっている感じがする。「己を祭れ」というコンセプトの通り、それぞれが思い思いに好きなことをしているのである。

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=114438

次のページ 
「UFOの儀式」意味不明な出し物のオンパレード

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7