独立を目指す自治州が大使館を各国に独自開設! カタルーニャ8番目の大使館がリスボンに。

カタルーニャ大使館は何をしている?

 では、カタルーニャ大使館はどのような活動をしているのか。  リスボン大使館開設の前に、これまで開設している7つの大使館では主にカタルーニャの文化の普及活動や貿易取引の進展を主要目的にしていた。しかし、今後は政治的な色彩も強めたいと望んでいるようだ。即ち、外国にカタルーニャ州の独立について理解してもらい協力を仰ぐ政治活動である。  EU加盟国の間ではカタルーニャの独立運動の動きは十分に理解されていない。しかし、継続して独立の正当性を訴え続けて行けば目的は達成されると考えているのが現在のカタルーニャ政府である。ただ、カタルーニャが独立すればEU加盟は出来ない、また共同通貨も使用できなくなるということは明白である。EU加盟国のスペインがそれに反対するからである。加盟国の一国だけでも加盟申請国のEU加盟に反対すれば、申請国は加盟できないことになっている。それを知っている多くの国際企業は仮に独立が達成された場合を考慮してカタルーニャ州から去っているのが現実なのだ。
次のページ 
カタルーニャ州民は微妙な気持ち
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right