華やかなリオ五輪の裏で宿泊価格が崩壊! Airbnb42倍増の恐怖

向井通浩

民泊の乱立で宿泊価格が崩壊中だというリオ。客にとっては御の字かもしれないが……

 五輪が終わり、現在はパラリンピックが開催中のリオデジャネイロ。オリンピックなどのイベント時は、宿泊施設も価格高騰するというのが世の常だ。そのため、多くの「経済効果予測」などでも、そうした価格の上乗せなども前提として組み込まれている。

 しかし、逆にリオ・オリンピックでは宿泊価格が崩壊するという現象が起きている。

 特に中級未満の比較的低予算トラベラー向けのホテルや相部屋のドミトリーがあるゲストハウスは悲鳴を上げ諦め顔だ。リオ滞在中の日本人によれば、「既に値引き合戦が凄くて、オリンピック前よりも始まってからの方が安く出している安宿も出始めた」との声も多数あったほどだ。

 そこでJapan Backpackers Link(以下JBL)は、次のような調査を行った。

次のページ 
宿泊費が国際イベント時らしからぬ安値に

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7