「カリスマ」の来た道――シリーズ【草の根保守の蠢動 第28回】

photo by Michał Kulesza(CC0 PublicDomain)

 安東巌について書かねばならない。

 しかし、彼の経歴を遡る前に、前回の記事でも指摘した、「日本会議&日本青年協議会/日本政策研究センター/谷口雅春先生を学ぶ会といった3つのセクターは、70年代まで盛んだった『生長の家学生運動』の出身という同じバックグランドを持った人たちが、綿密に連携をとりつつ、右傾化運動に当たっている」という点を再度、確認しておこう。学生運動華やかりし頃から、もはや50年近い歳月が経っている。果たして「学生運動の頃の人間関係がそのまま生きている」などということがありうるのか?

 日本会議事務総長であり日本青年協議会会長である椛島有三が、長崎大学で始めた「学園正常化運動」は、左翼学生たちの占拠するキャンパスを「解放」することに成功し、一躍、椛島有三はじめとする長崎大学学園正常化運動の運動家たちがヒーローとなり、彼らの運動スタイルは「学協方式」と呼ばれ、やがて、彼らの運動を母体とし「民族派の全学連」としての「全国学協」が結成されたという顛末は、以前(連載5回)でも触れた。

 全国学協は、その名の通り学生組織だ。いずれ学生たちは大人になる。この全国学協を母体として設立された社会人組織が、現在も椛島有三が率いる日本青年協議会だ。設立は、1970年11月3日。偶然にも日本青年協議会設立のわずか20日後に、三島事件が勃発している。

 余談ではあるが、この間の顛末について書いておきたい。日本会議界隈がまとう時代の空気を理解するためには、どうしても「70年安保が終わった後の右翼学生の雰囲気」を理解する必要がある。

次ページ三島事件が民族派学生運動の闘士に与えた衝撃


日本会議の研究

「右傾化」の淵源はどこなのか?「日本会議」とは何なのか?

この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

イエレンFRB議長の発言を受けドル買い強まる

先週金曜日のドル円は、109.755円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が寄り付き後に下落したことで円買いが入る場面があり109.55円近辺まで下押ししました。その後は、日経平均株価が一時120円超上昇したことを受け、ドル円も110.00円近辺までつれて上昇しました… [続きを読む]