運動で頭は良くなる! 7つの方法論

運動で頭を良くするための6つのポイント

1.とにかく運動を楽しむ 「脳を鍛えるには運動しかない!」などの著書で有名なジョン・レイティ教授によれば、楽しんで運動をしたほうがBDNFは出やすくなります。運動を楽しむことで脳の報酬系が活性化するのが原因です(1)。  いっぽうで2014年にコーネル大学が行った実験では、強制的に運動をさせられた人は脳の活動が低下してしまったとか(2)。まずは、自分が好きなエクササイズを選ぶのが最大のポイントです。 2.失敗する確率が高いエクササイズを選ぶ  安全な運動よりも、ちょっと危険なエクササイズのほうがBDNFは出やすくなります。  たとえば、普通のウォーキングでもBDNFは出ますが、ボルダリングやサーフィンに比べれば分泌量は少なめ。その点では、格闘技なども頭を良くするには最適かもしれません。  とにかく、ハイリスハイリターンな運動を選ぶのが脳機能の改善には大事です。 3.運動は毎日やる  多くの研究により、週に2~3回の運動よりも、毎日体を動かしたほうがBDNFは出ることがわかっています(3)。  つまり、週末にまとめて10キロ走るのだったら、毎日1kmちょっとずつ走ったほうが頭を良くするためには有効。毎日軽いウォーキングをしつつ、週1~2のペースで好きなエクササイズを行うのがいいでしょう。
次のページ 
話題の「タバタ式」もオススメ
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right