シリア拘束中の安田純平さんを救出するカギ

鈴木美優

イスラム教組織関係者のフェイスブック上に掲載された安田さんの最新画像

 5月30日早朝、シリアで行方不明となっていたジャーナリストの安田純平氏の写真が公開された。
 オレンジ色のTシャツを着て、「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と書かれた白い紙を持つ安田さんの姿が写されていた。

 安田さんを拘束しているのは、シリア反体制派の主要組織でアルカイダ系武装勢力の「ヌスラ戦線」だとされている。安田さんが6月22日にシリアに入国してからもうすぐ1年が経とうとしているが、安田さんの正確な居場所に関する情報はない。

 今年3月16日の安田さんの誕生日に公開された動画では、安田さんは黒いセーターとマフラーを身につけ、落ち着いた雰囲気で話しているのが印象的だった。

 本来のヌスラ戦線は、拘束している人質がスパイであるという証拠がなければ、拷問をすることも、殺すことも決してしないグループだ。

 相手が人質でも、食事を与え、服や日用品も提供する。安田さんの動画は、まさにそんなヌスラ戦線らしさを感じさせるものだった。

 だが今回公開された写真では、安田さんは怒りに満ちた顔でカメラを向いている。服装も前回と異なり、ISの処刑動画で使われる囚人服を想起させるオレンジ色のTシャツが着せられていた。

 さらに写真を公開したヌスラ戦線の交渉人によれば、1か月以内に身代金として1000万ドル(約11億円)を支払わなければ、ヌスラ戦線は安田さんをイスラム国(IS)に引き渡す可能性が高いという。

次のページ 
「ヌスラ戦線らしくない」
1
2
3
4
5
関連記事
6
7