効果抜群の「謝罪スイーツ」を選ぶための6つのポイント

 社会人なら誰しも一度は経験するであろう、仕事相手への謝罪。人間、失敗はつきもの。しかし、失敗したあとの対処法次第で、取引先との関係を修復してより良好になるのか、はたまた「金輪際、おたくとは取引しない!」と断絶されるのか、分かれ道となることも。

 そんなとき、謝罪の際の強い味方(?)になってくれるのが、「謝罪スイーツ」。オールアバウトの調査(対象/関東・関西の経営者層N=315)によると、「対面謝罪のときに、菓子折りなど手土産の持参があった」と答えたのが、8割にも及んだ。「謝罪スイーツの持参の重要性」については、「重要だと思う」と「思わない」でそれぞれ半数で大きく意見が分かれた。ならばダメ元で持って行っておいたほうが、気持ちは伝わるかもしれない。

次のページ 
6つのポイントで謝罪効果UP

1
2
3
4
5
関連記事
6
7