設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFがいよいよ上場

ダイワ上場投信-MSCI日本株人材設備投資指数(1479、大和証券投資信託委託)

 設備投資・人材投資に積極的で将来の成長が期待できる企業の株式を構成銘柄とする株価指数「MSCI日本株人材設 備投資指数」との連動を目指すETF(上場投資信託)。  MSCI日本株人材設備投資指数とは、日本に上場する大型・中型・小型株で構成される「MSCIジャパンIMI指数」をユニバースとして、初期フィルター(時価総額基準、流動性基準、Red Flag銘柄除外等)及び設備投資額基準・人的資本投資基準等により抽出される銘柄の中で、人的資本スコアの上位150銘柄を構成銘柄とする指数。人的資本スコアとは、各企業の福利厚生や研修制度、インセンティブ報酬等の様々な施策を基に企業の人的資本の開発能力を評価するもので、MSCI ESGリサーチが企業の公開情報からスコアリングを行っている。銘柄の最大ウエイトは5%。  対象指標の騰落率は、過去3年 +32.22%、過去5年 +59.13%である。(出典「JPX」※pdf)
次のページ 
野村の「企業価値ETF」
1
2
3
4
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right