「円高or円安?」の中長期レートを徹底予測

米国の円安容認も限界に。少なくとも100円へ!

円高派:1ドル=100円 【西原宏一氏】 CKキャピタル。シティバンクでチーフディーラーなどを務め独立。たしかな相場観と自身の取引をタイムリーに配信するFXメルマガは圧倒的人気 「米ドル/円の値動きは結局、基軸通貨である米国の事情が強く働きます。アベノミクス円安は、そもそも米国が「日本がグローバル経済の牽引役になってほしい」と願って容認したもの。ところが円安になったものの、アベノミクスの第2の矢、第3の矢は放たれず、米国はしびれを切らしています。2月のG20では米国がドル安へと誘導させる「上海合意」があったともいわれ、もう120円台は厳しいでしょうね。  中長期的には円高トレンドに転換したと思われ、そうなると高値から少なくとも15%下落でおよそ105円、20%の下落で100円。この辺りが現実的なターゲットとなり、オーバーシュートすれば、95円程度まで円高が進む可能性もある。  そこから再び円安へと転じるかどうかは米国のコンセンサス次第。日本の金融政策を揶揄しているトランプ大統領が誕生すれば、円安にはとても動かないでしょうね。」
次のページ 
日本企業のM&A加速。実需を背景に円安は進む
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right