賃上げによる景気回復と「労働者基本法の制定」を真正面から主張する民進党・杉村しんじを直撃!

杉村が主張する「労働者基本法」

「飲食店で、食中毒が出たら、すぐに保健所がとんでいって、営業停止になりますよね? なぜ、労働基準法に違反しても、会社は営業停止にならないんでしょうか?」  杉村は、「労働基準法に違反した企業が、営業停止にならないのはおかしい」と訴える。そして、営業停止にならない理由は「労働基準法」が法整備として不十分だからだという。  そこで杉村は、「労働基準法の厳格な運用がなされるよう、行政を律する役割を担う親法としての労働者基本法の制定を!」と主張するのだ。  彼の言う「労働者基本法」とは何なのか。  彼の活動に以前から注目していた我々は、メーデーに先立つ3月某日、彼にインタビューを敢行した。  次回、彼の言う「労働者基本法」と彼の主張の詳細をお伝えする。 <文/菅野完(Twitter ID:@noiehoie)>
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right