日本を代表する総合スーパー「ダイエー碑文谷店」ついに閉店! 新たに出店する「イオン新業態」に勝算はあるか?

ダイエー店内から見た風景。都心に近い高層スーパーは珍しかった

最終日は閉店を惜しむ客で賑わう

 ダイエー碑文谷店の営業最終日となった5月5日は、東京を代表するスーパーの最後の姿を見届けようと開店前から長蛇の列ができた。朝9時の開店時には先着500人にダイエーからの粗品が配られた。  店舗のショーウィンドウには「永年のご愛顧 ありがとうございました」の文字。店内は殆どの商品が割引価格となり、閉店を惜しんだ多くの買い物客で賑わった。  閉店時間を迎えた21時を過ぎからは、店内1階で閉店セレモニーが実施された。  碑文谷店の最後の店長となった福西店長が、昨年の開店40周年記念祭や地元の学校のイベントに参加したことなど碑文谷での思い出を語ったうえで「この冬にまたお目にかかれることをお待ち申し上げます」と締めくくり、日本を代表する総合スーパーの歴史は「一旦」幕を下ろす形となった。
次のページ 
新たに出店する「イオンスタイルストア」とは
1
2
3
4
5
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right