脱反米ボリバル革命路線の旗手、アルゼンチン・マクリ政権。「パナマ文書」に名前が登場しどうなる?

就任早々窮地に立たされたマクリ大統領 photo/Elza Fiúza/Agência Brasil(CC BY 3.0 BR)

 本サイトでも既報の通り、昨年11月の大統領選挙ではマクリ候補がシオリ候補を僅か70万票、即ち2.8%の差で勝利して、12月にマクリ大統領が誕生した。  マクリ大統領は、それまでアルゼンチンが歩んできた反米ボリバル革命路線で拡大した「景気の低迷」、「高いインフレ」、「外貨不足」を払拭し、アルゼンチンが親米的運営となり自由主義経済を推進する存在として期待されて登場したニューリーダーである。3月には、オバマ大統領が同国を訪れ、両国の間で今後の強い絆が約束されたばかり。今後ますます欧米資本との連携を強めるだろうとして、各国企業の注目も集めていた。  しかし、そんなニューリーダーの名前が「パナマ文書」に載っていたから大変だ。もし、「パナマ文書」がこの選挙キャンペーン中に発覚していれば、彼は大統領になっていないのは確実だ。シオリ候補が勝利してフェルナンデス大統領の政治体制を踏襲していたことになる。  ではこの一件で、アルゼンチンにおけるマクリ大統領の評価はどうなったのだろうか?
次のページ 
前大統領からの批判でマクリ大統領起訴
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right