1バレル=20ドル台へ!? 超ハイボラの原油は「売り」で勝負!

フレアスタック 2月に1バレル=26ドルの安値をつけてから1か月弱で40ドルまで急反発した原油相場。そのボラのデカさから興味津々の投資家も多いだろう。原油相場での必勝法を探った

「原油トレードは簡単。一昨年からずっと、反発してきたところを売ってれば儲かる相場が続いています。というのも、原油相場は為替よりもトレンドが続きやすいんです。そのうえ、ボラティリティ(変動率)がデカイ! ドル/円だと一日の値動きは大きくて3円ほど。3%弱の値動きです。ところが、原油は2月に1バレル=26ドルの安値をつけるまで、平気で一日に1、2円も下げてきた。10%近く下げることもありました。ハイリスクと感じるかもしれませんが、資金管理を徹底してコツコツと売り上がっていけば、初心者でもガッツリ稼げます」

 こう話すのは専業トレーダーのひろぴー氏。20代にして投資で成功、専業への転身を果たした投資の猛者だ。

「僕はFXが中心ですが、最初にトレードしたのが原油でした。当時は瞬殺で100万円近く損しましたが、今は原油取引のコツが見えてきた。FXはチャートとファンダメンタルズのバランスが大切ですが、原油はファンダ重視。アメリカなどがIS(イスラム国)の資金源を断つために、原油価格の上昇を抑制している面もあるので、もはや2年前の100ドル台回復なんて無理。今後も下落トレンドが継続するでしょう」

 しかし、原油市場は2月に1バレル=26ドルの安値をつけてから反転中。底打ちした感もあるが。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=89772

原油相場

’14年に1バレル=100ドル台だった原油相場は2年弱で26ドルまで75%も下落。トレンドはなおも継続中なことから基本売り目線でOK

次のページ 
買い越しが続き上値は重い

1
2
3
《ビットコインで億超えしたノウハウ本発売》

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かる ビットコイン革命

FXで培ったトレード手法を仮想通貨向きにアレンジし、FXに続き仮想通貨でも億の資産を達成したひろぴー氏。その基礎となるテクニカル分析などトレード法を公開

ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7